mission

 
Nurture strengths to live with self-confidence and joy
  1. Nurture a strength to be confident that one is precious
  2. Nurture a strength to trust others
  3. Nurture a strength to think and seek and make choices
  4. Nurture a will to create and express
  5. Nurture a strength to share joyful time with others
  6. Nurture a strength to live in harmony with others in society
今を生きる子どもたち

shinga
人間形成の基礎をつくる幼児期、学童期。そんな大切な時期を生きる子どもたちと生活を共にするものとして、私たちは子どもが自己を肯定的にとらえ、自信をもって生き生きと、今を楽しく生きてほしいと願っています。心のままに今を十分に楽しむ子どもたちは、明日を生み出す力をも確実に育んでいます。

子どもがはじめたことを大切に受けとめ、そのことの意味を十分に考え、子どもが自分らしく自信を持って生きる生活を、子ども自身と保護者の方といっしょに考えつくっていくことが、私たちの教育の根底にあります。

子どもは、ありのままの自分を受けとめられているかどうかにとても敏感です。人は誰でも自分が心から愛され、存在そのものを十分に認められている体験を必要としています。自分の行為に対して評価され認められること以上に、ありのままの自分を受けとめ認めてもらえている実感と、常に味方になってくれる大人の存在が、子どもの生活を支えます。自分のありのままを大事にされる体験をとおして、子どもたちは自分らしく生活し、本来の力を発揮することができます。

それぞれの子どもが、その子にとっての成長をしていけるように、子どものすぐ傍で見守り手伝い、大人も共に育っていく過程そのものが教育なのだと考えます。子どもがゆっくりとくつろぎ、安心して本来の自分らしさを発揮し、心が動く「今やりたいこと」を納得ゆくまで行い、今日一日が充実したものになるような学校生活の場を、これからも主人公であるひとりひとりの子どもたちと共につくっていきたいと思います。