8月 182015
 

片栗粉を水で溶くと、とても不思議な触感です。たっぷりと感触を味わいながら、水の量によって硬さが変わり、手が抜けなくなってしまったり、落下の速度や落ち方が変わったりすることを発見しました。幼稚部のMくんは、裸足になって片栗粉の上を歩いてみたり、絵の具で色を加えて楽しみました。2年生のCさんは好みの硬さを見つけて、水の量を調節しました。

dc070182   dc070153