8月 172016
 

dc070909

好きな友だちや気になる子の特徴を見事にとらえ、時々その子の仕草の真似をしている3年生のCさんですが、それだけではなく直接相手にアプローチしていくこともあります。気になる相手はたくさんおり、また変化もしていくようで、7月に入ったあたりから突然、5年生のAくんにとても積極的にかかわるようになりました。あまりにまっすぐで熱烈なアプローチにAくんは戸惑いを見せながらも、「Aくん、抱っこして!」というCさんの思いに応え、「しょうがないなぁ…。」と言いながら、ぎこちなくCさんのことを抱きとめていました。

他にも小さい仲間たちのことをいろいろと気にかける様子が見られるようになったAくん。Aくんにその理由を尋ねてみると、自分の卒業後に学校に残る子どもたちのことが心配だということ、そして、「もう(僕は)高学年だから。」とまっすぐに答えてくれました。

誰かに言われたり、特別に教わった訳ではなくても大切なことに気づき、学び、自分のことを耕していく子どもたちのことを、たくましく思います。