愛育養護学校は障碍をもった子どものため、幼稚部と小学部を設置している総定員40名の小さな特別支援学校です。特別支援学校は全国で約1,000校ありますが、その98%が国公立です。東京23区内には4校です。幼稚部を設置している私立特別支援学校は全国でも数校のみです。
小規模校だからできる「一人ひとりの子どもとていねいにかかわること」により、子どもが自信をもって自分らしく生きていけるようになることを目指しています。
愛育の日々
感じ合いながら

感じ合いながら

4、5年生クラスのメンバー6人はクラスメイトとして今年度で3年目を迎え、いろいろなことを共に味わってきました。 […]

「もう高学年だから・・・」

「もう高学年だから・・・」

好きな友だちや気になる子の特徴を見事にとらえ、時々その子の仕草の真似をしている3年生のCさんですが、それだけで […]

「時間を無駄にしたくない!」

「時間を無駄にしたくない!」

昨年度の3学期から、毎日のように2階のプレイルームに、プラレールの世界が所狭しと広がっています。製作者のAくん […]

挑戦すること、自分のものにすること

挑戦すること、自分のものにすること

公園の遊具で遊んだり、高い所に登ったり、おにごっこなど身体をいっぱいに使う遊びをこよなく愛する4年生のSくん。 […]

傘を広げて

傘を広げて

以前は傘を閉じたままステッキのようにして持ち歩いていたKさん。 ある時から傘を開いて、たくさん並べるようになり […]

野球教室

野球教室

ジャイアンツアカデミーのコーチの皆様による野球教室を今年も開いていただきました。 子どもたちは、準備体操から思 […]