愛育養護学校は障碍をもった子どものため、幼稚部と小学部を設置している総定員40名の小さな特別支援学校です。特別支援学校は全国で約1,000校ありますが、その98%が国公立です。東京23区内には4校です。幼稚部を設置している私立特別支援学校は全国でも数校のみです。
小規模校だからできる「一人ひとりの子どもとていねいにかかわること」により、子どもが自信をもって自分らしく生きていけるようになることを目指しています。
愛育の日々
傘を広げて

傘を広げて

以前は傘を閉じたままステッキのようにして持ち歩いていたKさん。 ある時から傘を開いて、たくさん並べるようになり […]

野球教室

野球教室

ジャイアンツアカデミーのコーチの皆様による野球教室を今年も開いていただきました。 子どもたちは、準備体操から思 […]

『日常の中からうまれてくるもの あいいく作品展』を開催いたしました

『日常の中からうまれてくるもの あいいく作品展』を開催いたしました

2016年2月25日~2月29日の4日間、元麻布ギャラリーにて 「日常の中から生まれてくるもの あいいく作品展 […]

光と影のアート 2015

光と影のアート 2015

    寒い季節になると、アート(造形)の日に「光と影のアート」を行います。          子どもたちは真 […]

みんなでたのしむコンサート

みんなでたのしむコンサート

2015年11月15日(土)今年で13回目となる「みんなでたのしむコンサート」を行いました。 子どもたちは、歌 […]

えのぐであそぼ

えのぐであそぼ

子どもたちは日常的に絵の具を使っています。色遊びをしたり、絵を描いたり、遊びに使う看板を書いたり。 水で溶いた […]