愛育養護学校は障碍をもった子どものため、幼稚部と小学部を設置している総定員40名の小さな特別支援学校です。私立の特別支援学校は全国でも数校のみですが、小規模校だからできる「一人ひとりの子どもとていねいにかかわること」により、子どもが自信をもって自分らしく生きていけるようになることを目指しています。
愛育の日々
庭や公園のアスレチックで

庭や公園のアスレチックで

6年生のSくんと5年生のCさん。庭や公園でアスレチックやジャングルジムで遊んだり、自転車に乗る練習をしています […]

紙とマジックで展開する世界

紙とマジックで展開する世界

i-padで画像を見ながら絵を描いたり、頭の中にあるものを何も見ないで描いたり。一枚一枚に描かれる絵を追ってい […]

書のアート、何を書こうかな?描こうかな?

書のアート、何を書こうかな?描こうかな?

書のアートの日は、造形室のテーブルや床に、大きなフェルトの下敷きが敷かれます。筆と墨汁で自分の好きな言葉や好き […]

ここもぼくの好きな場所

ここもぼくの好きな場所

ホールの滑り台のとなりに組んだ「やぐら」は2年生のSくんのお気に入りの場所。大好きなものを運んできてくつろぎま […]

おんがく大好き

おんがく大好き

音楽のアートの日。アートティーチャーのピアノと一緒に、ツリーチャイムやオーシャンドラム、ボックスドラムにカホン […]

「いっしょに とぼう!!」

「いっしょに とぼう!!」

  トランポリンを交互に跳ぶAくんとMくん。 楽しげに笑っていますが、息を合わせて一緒に跳ぶのは実は […]